PA→UVA、SPF→UVB

紫外線カットは美白の前提というお話をしました。

紫外線と美白ケア

それで、服装などでガードするのも大事ですけど、
日焼け止めも上手に使っていきたいですよね。

そこで気になるのが、日焼け止めに表示されている数値、
SPFとPAのことです。この意味がよくわからないという人が
多いのではないでしょうか?

簡単に言いますと、PAの方がUVAを防ぐ能力を示し、
SPFの方がUVBを防ぐ能力を示しています。

紫外線の波長と肌への影響~UVAとUVB

PAの意味

どれくらい防ぐのかといいますと、
PAの方は+が1つから4つまでありますが、
(2013年から4つまで増えたんです)

これは単に+が多いほどUVAを防ぐ力が強い
ということしかわかりません。

SPFの意味

SPFのほうははっきりしていて、
日焼けするまでの時間が何倍に引き伸ばされるかを示しています。

たとえばSPF50なら、日焼けするまでの時間が
50倍に引き伸ばされるということになります。

標準的な数字として、何もつけないと
20分で肌が真っ赤に日焼けすると言われますが、

それを基準にすると、SPF50であれば
20×50=1000分まで引き伸ばすことができるというわけですね。

1000分というと、16時間を越えてしまいますね。

日焼け止めの注意点

ただ実際問題として、
日焼け止めは汗などで落ちてしまいますから
塗り直す必要はあります。

それに、日焼けする時間を引き伸ばすだけであって、
日に焼けないということではないですので、

日焼け止めを塗ったから紫外線にいくら当たってもいい
ということにはなりませんのでご注意を。