この度、包茎手術を実際に受けた人にインタビューする機会を得ましたので、その内容を公開したいと思います。

その体験者の方を仮に「田中さん」と呼ぶことにします。

包茎手術を受けた理由

私:それでは田中さん、よろしくお願いします。

田中:はい。答えられる範囲で答えます。恥ずかしいことはスルーで。(笑)

私:ではまず、手術はいつお受けになったのですか?

田中:もう10年以上前になりますね。

私:じゃあそれからまた、手術の技術も進歩しているんでしょうね。

田中:そうでしょうね。

私:次に・・・なぜ、包茎手術を受けようと決心したのデスカ?

田中:ずっとコンプレックスだったのと、あと不潔になりがちなのと・・・それから毛が挟まるのが不快だったからです。(笑)

私:毛が挟まるというと・・・仮性包茎だからですかね。

田中:そうですね。まあそこは、細かく説明させないでください。(笑)

私:わかりました。コンプレックスというのは?

田中:包茎だと女性に嫌がられるとか聞いてましたので。まあ実際にはどうかわかりませんが・・・でもどうにかしたかった。

私:不潔というのは・・・まあわかりますけど・・・

田中:はい。ちょっと油断するとがたまりますし、毎日きれいに洗っていても、尿で臭くなってしまうし。

包茎手術の費用は?

私:なるほど。では、どうやって病院を探したのですか?

田中:ネットで調べました。通える範囲にあって、なるべく評判の良さそうなところを。まあ、東京とかと違って、選択肢は少ないですけど。

私:費用はいくらかかりましたか?

田中:14万円です。もちろん、保険はききませんでした。

私:なるほど・・・今より少し高いのかな。東京上野クリニックなどは、ナイロン糸の手術で72000円だそうです。ナイロン糸ですよね?

田中:いや、何糸か知りませんけど、抜糸に行ったので、自然に溶ける糸ではないのでしょうね。へぇ~・・・やっぱり田舎は損なのかなぁ。(笑)

※上野クリニックの場合:ナイロン糸使用…72000円、吸収糸使用…10万円

手術前のやり取り

私:即日手術を受けたんですか?

田中:私の場合はそうですね。予約を取って、病院に行って、その日にすぐ手術を受けました。入院もしないから1日で終わり

私:その日の様子を詳しく聞かせてください。

田中:まずアンケートのようなものを書かされました。勃起したときの大きさは何センチかとか、まっすぐなのか、左右どちらかに曲がってるのかとか。(笑)

私:へぇ~。

田中:それから医師の説明を受けました。気になることがあればなんでも質問してくださいという感じですね。

田中:それでその日は帰って考え直しても良かったけど、また来るのも面倒なのですぐに手術をうけることにしました

手術の様子~痛いの?

私:では手術の様子を聞かせてください。手術の様子は・・・自分から見えるんですか?

田中:まさか! 見たくないですし、見えないように遮蔽されていました。^^;

私:ですよね~。麻酔は痛かったですか?

田中:冷却してから注射しましたので・・・ちょっとチクッとしたくらいかな? 麻酔がきいたあとは当然無感覚です。

私:手術中も?

田中:はい。途中で痛くなったら言ってください、麻酔が切れることもあるから、なんて言われてちょっとビビってましたが、そういうこともありませんでした。

私:手術中に麻酔が切れるとか言われたら・・・怖いですよねぇ。他に気になることはありましたか?

田中:ちょっと焦げ臭いのを感じたくらいでしょうか・・・レーザーメスを使っていたのかな。それから途中で女性の職員さんが間違って手術室に入ってきて、ビックリして帰っていったくらいです。(笑)

手術後のケア、痛み、腫れ

私:はあ、看護師さんではなかったんでしょうね。では、手術後は痛みましたか?

田中:それほど痛んだという記憶はないですねぇ。痛み止めが効いていたんですかね。

私:ケアは自分でするのですか?

田中:そうです。毎日消毒して新しい包帯を巻きます。最初は傷にくっついてたりして恐る恐るやっていましたが、すぐに慣れました。

私:お風呂とかは?

田中:手術日はシャワーも浴びませんでしたが、翌日はシャワーを浴びましたよ。ただ傷にはなるべく触らないようにしました。

私:包帯を巻いたら・・・トイレはどうするんですか?

田中:先の方には巻きませんので、トイレは問題ありませんが・・・手術直後は腫れていましたので、尿があちこち飛び散りそうで困りました。慎重にやらないとね。^^;

私:あと他に困ったことは?

トラブル発生

田中:それがですね・・・病院ではマキロンで消毒すればOKという話だったんですけど、どうも私の肌にはマキロンが合わなかったようで・・・肌がすごくかぶれてしまったんですよ。

私:それは大変ですね・・・

田中:それで、病院に電話して「どうしましょう」って聞いてみたんですね。そうしたら「もう一回病院に来てください」と。

私:それで、どうなりました?

田中:なんか傷もちょっと膿んでしまったようで、少しだけ切って、縫い直すことになりました

私:あー、それはちょっと・・・いやですね。

田中:はい。だから、最終的に抜糸できるまで、時間が余計にかかってしまいました。抜糸まで2週間くらいでよかったところが、1ヶ月近くになったのかな・・・。

手術直後◯◯しても大丈夫か?

私:なるほど・・・それからあと、聞きにくいのですが・・・手術直後とか、あの、勃起しても大丈夫なんですか?

田中:大丈夫とは聞いていましたけど、直後はなるべくそうならないよう努力しましたよ。(笑)やっぱり心配ですからねぇ。でも寝起きとかは・・・避けられませんよねぇ、10年前は若かったし。(笑)でも大丈夫でしたよ。

抜糸後、傷跡は残る?感度は?

私:抜糸は痛かったですか?

田中:どうだったかなぁ・・・そんなに痛かったという記憶はないですね。ただ抜糸直後はやっぱり腫れていましたので、またトイレは慎重にしないとあちこちに・・・(笑)

私:そうですか。(笑)傷は残りましたか?

田中:やっぱり傷は残りましたね。目立たない位置を切るということだったんですけど、ひっぱってよく見ると傷はわかります。ただ他人から見てどうなのかは・・・まあ他人がじっくり見るものでもないから大丈夫かと。

私:感度はどうでしょう。

田中:どうでしょうね。まあ、変わらないかな。ちょっと鈍くなったような気もしますが・・・常に先が露出するようになったおかげで、皮膚が厚くなったのかもしれません・・・医師の技術によって違うんですかね。

包茎手術を受けてよかった?

私:どうなんでしょうねぇ。まあ中には格安でいい加減な手術をする医師もいるでしょうけど・・・。結局のところ、包茎手術を受けてよかったと思いますか?

田中:はい。さっき言った通り細かい所で不満はありますが、総合的には手術を受けてよかったと思っています。

私:どういう点が良かったですか?

田中:まず、最初に挙げたような悩みが消えたことですね。コンプレックスはなくなったし、清潔になったし、毛が挟まって不快ということもなくなった。

田中:あと、先の部分が成長して大きくなりました。それまで皮で押さえつけていたものを、皮がなくなったのでのびのび成長してくれたんでしょうね。(笑)

私:ほうほう、それはよかったですね。^^

田中:まあまだ若かったので、成長余地があったということかもしれませんが。

まとめ

以上、実際に包茎手術を受けた田中さんのお話しでした。

体験者にしかわからないことをいろいろと聞くことができたと思います。

「よく見ると傷跡がわかる」

ということでしたが、10年前の手術ということで、今ではもっと技術も進歩していると考えられます。

手術後の感度にしてもそうでしょう。

ただ、包茎手術を受けるための病院は、やはり何と言っても

「経験豊富」

な所がいいです。これは絶対。

当たり前ですよね。近所の外科に行って、手術してくれるかもしれないけど、

「包茎手術なんてめったにやる機会がないんですよ」

なんてところでは・・・技術も知識も遅れている可能性が高いですから。

なので長年続けて、経験豊富なところが絶対にいいです。

長年続けているということは・・・評判は悪くないということですから。悪い評判が広まると続けられないでしょうし。

その意味で、こちらのクリニックはもう四半世紀も包茎手術専門でやっています。

上野クリニック