「またまた、縁起でもない」

と思うかもしれませんけど、そう思うということは、「死神」について誤った認識をしているということかもしれません。

まあ今日もまた、変な話をしますけど。(笑)

信じられない人あは「ファンタジー」だと思って聞いてください。

間違った「死神」イメージ

誤った認識というのはですね~、あの、よくある死神イメージ

ローブに身を包んで、大鎌を持っている・・・

というやつですね。

それで人を殺してしまう、不吉で、不気味で、怖くて、人間から見ると「悪者」というイメージ。

これが間違っているんです。

最近ではあれですねぇ・・・いやもう「最近」じゃないかもしれないけど。^^;

「デスノート」の死神イメージ。あれの影響もありそうですね。

でも違うんです。

斎藤一人さんいわく

斎藤一人さんによると、こういう、「人の命を奪う悪いやつ」というイメージは、「死神」ではなく、妖怪とか妖魔とか、そういうものの類を思い浮かべてるとのこと。

じゃあ本当の「死神」というのはどういう存在かというと・・・死「神」というくらいなので、神様なんですね。

しかも、私たちのこの人生のゴール地点で、迎えに来てくれる、一つの人生の最後に現われる神様なんです。

もちろんそれは、悪者ではないし、怖い存在でもありません。

約束通り来てくれる

だってわざわざね。(笑)

私たちがこっちの世界からあっちの世界に引っ越す時に、いろいろ迷ったら困るだろうからっていうんで、迎えに来てくれるんですよ?

まあそれもやはり、前もって私と約束していたから、来てくれるんですよね。私と関係ある、何らかの存在が。

「◯◯年◯月◯日に死ぬ予定だから~、ちゃんと迎えに来てね~」
「さすがにあっちからこっちに引っ越すときって混乱するから」
「おねがいね~」

ってなものです。(笑)

だからその姿も、私が安心するような姿をしてくれているはずなんです。

こんな話があります。

死神とお婆さんの話

ある年老いた女性、身寄りもなく一人で暮らしていたのですが、

「一人でこの先どうなるんだろう・・・」

という不安がたえない日々を送っていました。

中でも死神が怖くて怖くて、死ぬのが怖くて怖くて・・・

それで、まじない師に頼んで、「死神が入ってこられない御札」を作ってもらって、自宅の入口になりそうなところ全部に貼り付けて、毎日ビクビク暮らしていたそうです。

いつ死神が来るんじゃないか、玄関の扉を叩くんじゃないかと、それはもう、毎日生きた心地がしませんでした。

そんなある日。

玄関の扉を叩く音が聞こえました

女性は心臓が止まりそうになりましたが、覗き穴から息を殺しつつ、外を確認しました。

そうすると、そこに立っていたのは死神ではなく、すごく感じの良い若者でした。昔、戦で死んでしまった息子を重ねてしまうほどでした。

その若者が、長旅で疲れているけど、どこも泊まる場所がないので一晩だけ泊めてほしいといいます。

女性は若者のことを、まったく怪しいとも思えなかったし、むしろ息子のような感覚を持ってしまったので、家の中に通しました。

若者はお腹をすかせているようだったので、女性は、自分が食べるにも困っていたのに、精一杯のおもてなしをしました

若者は感謝しつつそれを食べ、二人はしばらく楽しい時間を過ごしました。

女性は、遠い昔、まだ夫も息子も元気だった頃の一家団欒を思い出し・・・思わず涙ぐんでしまいました。

その様子を見て、若者は言いました。

「ねえ、おばあさん、今まで一人で、いろいろつらかったでしょう・・・。でももう、つらい思いはしなくていいんですよ。もう十分なんです。僕と一緒に行きましょう・・・これからはもう、寂しい思いも、不安な思いもしなくていいんです・・・永遠に幸せでいられる所に・・・」

そうして若者は女性の隣に座り、そっと手を取りました。女性は抗うでもなく、そのまま若者の胸に包まれて、眠るように旅立ちました・・・

という話。

人生の最後を飾ってくれる素敵な神様

この若者が「死神」というわけです。

そしてもちろん、人によって、どんな「死神」は来てくれるかは違います

もちろんその人にとって、最も安心できる姿でやってきてくれます。

死神というのは一つの人生の最後に、あなたを気遣ってきてくれる素敵な神様なんです。

思えば・・・

仏教の「阿弥陀如来」だって、死に際に迎えに来てくださって、極楽に導いてくださるありがたい存在です。

つまり阿弥陀如来だって「死神」だということもできます。

だからといって阿弥陀如来を「不吉な」「恐ろしい」存在という人はいません

だから多くの人が持つ死神イメージは間違っているんです。

これからは死神と言うときには、人生の最後を飾ってくれる、この上なく素敵な神様をイメージすることにしましょう。(笑)

 

このような記事も読まれています