法句経・・・「ほっくきょう」と読みます。

法句経とは

名前のとおりお経なのですけど、仏教のお経の中でも「最古のもの」と言われています。

そして、何も付け加えたり削ったりせず、お釈迦様(釈尊、ゴータマ・シッダールタ)の言葉をそのまま記録したもの、とも言われています。

それで「お釈迦様の言葉だ」ということで重視する人も多いのですが・・・今回はその法句経の最初の言葉に注目してみます。

これがですね、「引き寄せの法則」とか「思考は現実化する」といったこと、それから「神との対話」で書かれていることと・・・矛盾しないんです。

法句経第一章最初の言葉

次のような言葉です。

意(おもい)は諸法(すべて)にさき立ち
諸法(すべて)は意(おもい)に成る
意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ

意=思いが「すべてに先立つ」ということなんです。

そして「すべて」は「思い」によって「成る」と説かれているんです。

思いが変わる→見え方が変わる

これをまず、穏当に解釈すると、「思い」つまり心の中身が変われば、すべてのものの「見え方」が変わり、身の回りの環境が「変わって」見える、と理解できます。

見え方が変わることで世界がそれまでと違って見えるということ。あくまで違って「見える」だけだという解釈。

思いが変わる→行動が変わる

ここからさらに進んで・・・違って「見える」だけでなく、「思い」が変わることで自分の行動も変わるから、身の回りの環境の方も実際に変わるんだ、という解釈もできます。

これは世界が違って「見える」だけでなく、行動を通じて実際に違ったものに「なる」ということ。

たとえば・・・

ポジティブな考え方をするようになった(思い)
→いろいろ積極的にチャレンジするようになった(行動)
→良い結婚ができた(環境)

ということです。

思いが変わる→世界が変わる

さらに進むと・・・「思考は現実化する」「引き寄せの法則」ということになります。

自分の「思い」が変わって「行動」が変わることにより環境が変わるだけでなく・・・「思い」がダイレクトに環境や世界を変えるということ。

つまり個人の行動だけでは到底不可能に見える変化も「思い」の力によって可能となるということです。

たとえば・・・

いつも豊かな気分で過ごすようにした
→偶然が重なって収入が増えた

などですね。

「すべては思いに成る」の3レベル

3つのレベルをまとめると次のようになります。

①思い→見え方→世界
②思い→行動→世界
③思い→世界

さてここで、法句経の最初の言葉を見ますと・・・

意(おもい)は諸法(すべて)にさき立ち
諸法(すべて)は意(おもい)に成る
意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ

思いがすべてに先立つ、というのは①②③どの段階にも当てはまりますね。

それに加えて「すべては思いに成る」、「すべて」が思いによって「成る」というわけです。

さらに「意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ」、つまり、思いが「すべて」を支配するとおっしゃっているんです。

すべて。

「すべて」ですから、思いによって「見え方」「行動」が変わるだけではなく、「世界」も変わると解釈すべきなのでは・・・と思えます。

すべて。

となると、①②だけでなく、③もこの言葉によって表現されていることになります。

つまりお釈迦様も「引き寄せ」や「思考が現実化する」ということをお認めになっていた、と解釈することもできます。

もちろんこれは・・・私個人の解釈なのですけどね。

「神との対話」との関係

思いによってすべてが成り立っているということは・・・これは「神との対話」に書かれていたことそのものなんじゃないでしょうか。

「神との対話」では、この本で「神」と呼ばれる存在が、いろいろなことを体験したいという「思い」から私たち多くの人間の魂や「世界」を作り出したと書かれています。

これってまさに、

意(おもい)は諸法(すべて)にさき立ち
諸法(すべて)は意(おもい)に成る
意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ

ということだと思えます。

思いがすべてに先立つ。
思いによってすべてが成る。
思いがすべてを統べる。

ということ。

お釈迦様と、「神」と呼ばれる存在が、同じことを言っているとしたら・・・これほど興味深いことはありませんね。

 

このような記事も読まれています